high land church
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 五月晴れ | main | 門司港まつり >>

根魚ねらいスロージギング BIG1

JUGEMテーマ:ルアーフィッシング 釣り ジギング
ヒラマサの産卵も終わり、春マサもひと段落したので根魚狙いで
5月21日わかしお丸 BIG1に乗り込みました。
今回は徹底的に根魚を狙おうと思いスロージャーカー#2番にオシアジガー
1001HG PE1.5号にリーダーフロロ20Lb(6号)1本 #3番
オシアジガー1001HG PE1.5号にリーダーフロロ20Lb(6号)とフロロ25Lb
(7号)の2セット#4番にソルティガZ20LにPE2号30Lb(8号)を
水曜日の夜からラインの巻き替えやリーダーの交換などぼちぼち準備し
万全の体制で土曜日のジギングに備えました。
ソルティガZ20Lは、もう5年以上使っていますが1年に一度分解し
グリースを洗浄剤ですべて取り除き新しくグリースアップしてやり
ベアリングを交換すると新品のように軽快に回ってくれとても丈夫で
お気に入りの1台です。オシアジガーは非常に軽くて1回転での巻き上げ
長さ97cmを巻き上げスローではPGよりHGのほうがおすすめです。
今回は大潮9時半満潮で15時半干潮になり下げ潮が動くのではと予想
いつものように前日船長に電話をし出港確認をして、翌朝3時半に自宅を
出発、途中コンビニでホットコヒーと昼食を仕入れ、国道をひた走り
波津の海岸をすぎると薄っすらと夜が明けてきました。
d-1.jpg

鐘崎港の船着場にに到着するともう夜が明けていました
右からドルフィン,ポラリス、荒神丸、BIG1,天王丸です。

d-2.jpg

今日乗船するのはBIG1でした
1567.jpg

鐘崎港を出港すると朝日が昇りだしなかなかいい眺めでした

d-3.jpg

丁度、大島の上に朝日が昇っていました。
d-4.jpg
d-5.jpg
d-7.jpg

朝日を後にひたすら大島沖水深60mラインまで走りエンジンがスローになり
船長が、まずヒラを狙ってみましょうとスパンカーを張り船を流しました。
早速に同乗のかたにヒラゴがあたりそうしているとブリの大物(後の検量で
8Kg)があがり私にボッコの大物が釣れました。
d-9.jpg
海鳥はこんな感じで舞っていました
d-8.jpg
今日は、徹底的に根を狙い底から5mまでを狙いタカバを狙うときは、
少し浮いているので底から10mくらいまでを探って行きます。
今日は根がかりは3回ありましたが全て根かはずれラッキーでした。
根がかりの外し方はBIG1の船長にジギングを始めた頃に教えてもらい
この方法はかなり有効です。晴れ
まず。根がかりをしたら、すぐにリールをフリーにしてPEを直接、手で持ち
この時、絶対に手に巻かないようにしてラインをつまみます。
手にPEを巻いて急に船が流されたりするとラインで手を斬ってしまいます
ラインをつまんだら手でツンツンとしゃくってみます。(うまく表現できませんが)
そうするとジグが引っかかっていない場合は、ジグが動いている重みが伝わってきます。
こんな時は、フックが根がかりしていてジグを揺らすことで意外とはずれますが
まったく動かないときはほとんど諦めイチかバチかラインカッターでラインを斬ります。
ただ、スローで釣っていると最初にあたりがあった場合、根魚が食い込んで穴に入っている
場合があるので一時、ラインを緩めて様子を見ます。そうすると意外と根魚が穴から出てきて
釣れることがよくあります。矢印上
きょうは一日、潮が良く動き4名でブリ8Kgを筆頭にヒラゴ、ネリゴ(11匹)
タカバ、など結構釣れていました。
d-10.jpg
私の釣果は、ボッコ3匹 アオナ1匹 アコウ1匹 アラカブ1匹
ネリゴ1匹、カライサキ2匹の6目でした。
帰ってからボッコ,アオナを刺身にアラカブを味噌汁にと、堪能しました。
残念ながらタカバは釣れませんでしたが次回はもう一度狙ってみようと
思います。これからは当分スローでの根魚狙いが面白いですね手
19:34 | - | -